身が学生時代に専念になった先、それは「外国ピクニック」だ。キャンパス時代に、同士が留学やる海外の国々へ試合に行ったのが初の外国ピクニックとして、外国ピクニックに専念になったきっかけです。

それまで、高校生のクラスで「職歴」「地理」を勉強しても極めて海外に人気が無く、またキャンパス時代もバイトするようになって預金が貯まるようになっても、外国旅行するは考え方もしませんでした(ことなる世界のことだという判断でした)

友人の留学やる国々へ遊びに行く結果、再び全国とは違う海外の各種国々を旅してみたい!再びEnglishをしゃべれるようになって現地の第三者ってふれ合いしてみたい!って強く思うようになりました。

それ以来、キャンパスを卒業するまでの間は、バイトで代価をためては、あちこちの海外の国々へ頻繁にピクニックに出かけるようになりました。同士という旅行することもありましたが、しだいに慣れてきて一人トリップも大丈夫になっていきました。またピクニック時スノーケリングを経験した海があまりにも秀麗だったので、スキューバダイビングの資格もとりました。

ひとつのことに夢中になる結果、他にもホビーがジャンジャン広がって出向くのを感じました。お金がない